歴史探訪コース

ぼうみち
棒道

時を超え、歩く人を見守る石仏の柔和な表情に出会う歴史の道

棒道

武田信玄公の時代に思いを馳せながら豊かな自然の中に残る棒道を歩く

棒道は武田信玄公が北信濃攻略のために造った軍用道路といわれている。棒のように道がまっすぐ伸びていることが名の由来。自然散策路として親しまれている棒道は「美しい日本の歩きたくなるみち500選」にも選定されている。北杜市小淵沢町は「馬の町」としても知られていて、棒道は乗馬コースにもなっているため、散策の途中で馬に出会うこともある。野鳥の声や季節の花を楽しみながら歩く道沿いには江戸時代に安置された石仏群も残り、この道の歴史を物語っている。

ADVICE

棒道には江戸時代に旅人の安全祈願のために石仏が安置されている。長坂方面にも石仏が多くあるので機会があったら巡ってみよう。

棒道の石仏

北杜市
  • 約2時間40分
  • 約8.2km

女取湧水

ACCESS
  • 中央自動車道・長坂ICから約10分、三分一湧水館駐車場(約80台)
  • JR甲斐小泉駅
Compassで登山届を作成する

“周辺”ホッとPoint!

三分一湧水館
八ヶ岳南麓の湧水について解説する展示等がある。そば処や地元野菜の直売所が併設されている。
平山郁夫シルクロード美術館
日本画家平山郁夫の絵画作品と平山夫妻が蒐集したシルクロードの美術品等を展示している。

モデルコース

1日目
9:00三分一湧水館駐車場→棒道ハイキング→13:00三分一湧水館→平山郁夫シルクロード美術館→甲斐大泉パノラマの湯→北杜市内宿泊
2日目
小淵沢乗馬体験→八ヶ岳リゾートアウトレット→道の駅こぶちざわ→帰路

問い合わせ先
北杜市観光協会 TEL: 0551-30-7866
ハイキングをするにあたって
  • 登山口に通じる林道は工事や冬季閉鎖のため通行止めになる場合があります。事前に確認してください。
  • 登山口へ向かうバスは運行期間が限られていたり本数も少ないため、時刻表やバス停などを事前に確認してから出かけるようにしましょう。
  • 登山道は、季節や大雨、落石、工事などによりルートが変わる場合があります。最新情報を下調べして安全登山に心がけてください。
  • 掲載している所要時間、コースタイムは、あくまでも目安です。歩く人によって差異が生じますので、時間にゆとりを持った登山を心がけてください。
このページをシェアする
ツイートする
シェアする
LINEで送る